子育てのお悩み解決

どんな先生や指導者に子どもを任せるべき?

家庭教育アドバイザーのTERUです。いつもご覧頂きありがとうございます。

今日は先日頂いたご質問にお答えしようと思います。それは『習い事の先生』についてです。ご質問頂いた方は、ご自身が経験された習い事の先生がスパルタ教育やトップダウン教育に近い形の指導スタイルだったそうで、辛い思いもされたそうです。ですがその反面、その先生への憧れもあり、その先生がいるから頑張っていた部分もあったようで、そんな経験から、ご自身のお子様にはどのような先生の元で習い事をしていくべきか迷っているとのことでした。ですので、今回は私なりに、お子様を任せる指導者や先生像についてお話しできればと思います。

今回の内容はすべて私のYouTubeチャンネルでも紹介しています。 「文章を読むのが苦手」「動画のほうが頭に入る」という方は、ぜひこちらの動画からご覧ください!「どんな先生や指導者に子どもを任せるべき?

まず大前提を置かせて頂くと、今回の話は、色んな習い事の先生であったり、指導者がいる中で、私が思う子どもを伸ばす先生像についてお話しさせてもらおうと思います。ですが、スポーツでも芸術関係の習い事でも、あるいは勉強系の先生でも、指導者や先生と呼ばれる人は多くいますから、今回の内容が全てに当てはまるわけではありません。

ですから、あくまで大きな枠で、こういう先生を私は良いと思うという視点でお話しできればと思います。そしてスキル面には触れません。もちろん教えるスキルが高いとか、専門的な知識を持っているとか、そんなのは高いにこしたことはありませんので、今回はあくまで先生のタイプや先生像のお話をさせてもらいます。

さらに、これはお子様の年齢にもよると思います。例えば幼児教室などの幼児期の先生と小学生以降の習い事の先生では求められるものが違いますから、今回は幼児期のお子様を任せる先生と、小学生以降である程度自分で考えられるようになったお子様を任せる先生の2つのパターンでお話しさせてもらおうと思います。

幼児期を任せる先生

ではまずは幼児期の先生からです。幼児期を任せる先生の私のイメージは明確で、とにかく『良い表情』で『良い言葉』を使う先生です。これに尽きると私は思っています。幼児期はインプットの年齢だといつもお話しさせてもらっていますが、この時期にどんな言葉とどんな表情と出会うか。特にどんな言葉と出会うかが超重要です。

家庭教育においても、「できるだけ良い言葉を使う努力をしましょう」というようなことをいつもお伝えさせてもらっていますが、親の影響の次に、先生の影響も大きいのは間違いありません。この幼児期に出会った言葉が子どもの頭の中に蓄積されていき、その出会った言葉で思考をしたり、考え方が作られていきます。

ですから、この時期を任せる先生はとにかく

「プラス思考!」「君はすごい!」「天才!

みたいな人が良いです。とにかくどんなことでもプラスに褒めてくれて、認めてくれて、笑顔で接してくれる。そんな先生が理想です。この時期にプラスの言葉をたくさんもらうことは、これからの子どものマインドを育てていくために何より重要なことです。

見極め方

では習い事選びをしているときに、どうやってこのような先生であるかを見極めるかというと、とにかくこの先生の指導中の姿を見ることに尽きます。入会を決める前にできるのであれば先生が授業をしているところをちゃんと見て、どんな言葉を使うのかどんな表情で指導する先生かを見極めるしかありません。

親と話しているときの先生と実際に指導をしているときの先生は違いますので、指導中の先生を見て下さい。そして、その時注意して欲しいのが、年中さん年長さんを指導している先生であれば、意図して真剣な表情を作っていることがあります。子どもを自立させようと思った時に、常に幼児を扱うように笑顔で接していると、子どもの甘えを引き出してしまいます。

ですから、あえて真剣な表情を作り、自立の空気を作ったりします。そのような時でも言葉だけはプラス思考であるべきです。笑顔ではない真剣な表情だとしても「頑張れ!すごい!できる!」というプラスの言葉を多く使っているのであれば問題はありません。そして授業が終わった後に、リラックスした空間で、笑顔で「頑張ったね!」などと子どもに対して言ってくれる先生であれば、お任せして問題ないと思います。

以上、私が思う幼児期を任せる理想の先生像です。ここから後半では小学生以降の理想の先生像についてお話しさせてもらいます。

小学校以降を任せる先生

「トップダウン」タイプか「考えさせる」タイプか

小学生以降の指導者や先生のタイプを考えるときに、2つの軸があります。まず1つ目の軸はトップダウンで先生の考え方の元、子どもたちを伸ばしていこうとするタイプと、反対に子どもたちに考えさせ、子どもに主体性を持たせて伸ばしていこうとするタイプのどちらかということです。もちろんこれは100か0ではありませんから、それがどちらかのタイプに極端に偏っている方もいれば、どちらの要素も兼ね備えてバランスよく使っている先生もいます。

ですから、この先生はこっちですねとは中々言えないものですし、どちらかが絶対にダメという疑問もナンセンスではあるかもしれません。お子様は一人ひとりタイプが違うからです。めちゃくちゃ考えさせる教育をして伸びる子もいれば、場合によってトップダウンも混ぜていく方が迷いなく成長できる子もいます。

という大前提を置き、その上で「このどちらが良いですか?」と聞かれたら、私は圧倒的に後者を選びます。つまり考えさせる指導です。なぜかというと、これからの時代はトップダウンの指導で育っていった子が、活躍できる時代じゃないと私は考えているからです。

昔はそれが良かった時代ではあったかもしれません。トップダウンで言うことを聞かされてきて育った子は、人の意図を組んで、この人が何を求めているのか、何を考えているのかを読み取る力に長けます。昔の日本は大量生産の時代でしたから、上から言われたことをどれだけ確実に正確に早くやることに価値があるという時代でした。

ですがこれからの時代はよりクリエイティブに自由発想で、自分で考えて新たな価値を生み出していく時代です。そんな時代に活躍できる子は、考えさせる指導を受けてきた子だと思います。ですが、これは長期的な視野を考えた場合です。もしかしたらトップダウンで先生の考えを受け入れてそれに従い進んでいく方が、短期的な成長は早いこともあります。ですから目先の成果を考えるとどちらが良いのかを判断するのは難しいかもしれませんが、それでも私は考えさせる指導をオススメします。

明るい雰囲気か厳しい雰囲気の指導をするか

そしてもう1つの軸が、明るい雰囲気か厳しい雰囲気の指導をするかということです。イメージとしては、トップダウンの先生は厳しい雰囲気で、考えさせる先生は明るい雰囲気と思いがちですが、そうではありません。厳しい雰囲気の先生でも、ガンガン子どもに考えさせている先生はいますし、反対に明るい雰囲気ですが、子どもに考えさせるよりも「これが正しいからこれをこうやってこのようにすると良いよ!」と丁寧に教えていく先生もいます。

私はこの2つのタイプはどっちでも良いと思っています。どっちでも良いというより、お子様が合う方の先生を選べば良いです。厳しい雰囲気に萎縮してしまう子もいますし、明るい雰囲気すぎるとふざけてしまう子もいます。ですから、親御様が信頼できると感じた先生であればどちらのタイプでもOKです。

では1つ目の軸としてお話ししました、トップダウンのタイプか、考えさせるタイプかはどうやって見極めれば良いでしょうか。これもまずは先生が指導しているところを見ます。その時に注目して欲しいのは先生の言葉の中に『どれだけ質問が多いか』ということと、『子どもたちがどれだけ発言や会話をしているか』ということです。この2つが多い先生は考えさせる指導をしていると考えて良いです。ですが、1つ注意点があります。質問が多いと言っても「

なんでできないの?
なんで真剣にやらないの?
それでできるようになると思ってるの?

といったマイナスな質問をしている場合は、考えさせる指導ではありません。あくまで

どうやったらできるようになるかな?
この時どうするのがベストかな?

というようにプラスに考えさせるような質問をしていることが大切ですので、そこら辺は意識して見てあげると良いと思います。

とはいえこれもどんな習い事なのかによって違うと思います。習い事によっては考えさせることばかりしていたら成り立たない習い事もあると思いますので、そこら辺はケースバイケースで考えて頂けたらと思います。
以上が私が思う先生像です。これは正直いろんな考え方があると思いますので、今回の内容はかなり主観的な動画になってしまったかもしれませんが、参考になれば嬉しいです。今回ご質問を頂いた方、参考になる良いご質問を頂き、ありがとうございました!最後にまとめを表示させてもらいます。皆さんが具体的に実践していただくためにご活用頂けると嬉しいです。

どんな先生や指導者に子どもを任せるべき?

幼児期を任せる先生

『良い表情』で『良い言葉』を使う先生

  • この時期は言葉が子どものマインドや考え方を育てる
  • 見極め方
    先生の実際の授業を見て、どのような表情や言葉を使う先生か見極める
    年中・年長の先生は意図して真剣な表情を作っていることがあるが、言葉がプラスの言葉であればOK

小学校以降を任せる先生

先生の2つのタイプ

  • 「トップダウン」タイプか「考えさせる」タイプか
    TERU的には「考えさせるタイプ」の先生が良い→今後の時代はクリエイティブで自由発送が大事だから
    見極めるには→「どれだけ質問が多いか」「子どもたちがどれだけ発言や会話をしているか」で見極める
  • 明るい雰囲気か厳しい雰囲気の指導をするか
    ・これはどっちでも良い。お子様が合う方の先生を選ぶ
家庭でできる子どもを伸ばす子育て情報

私のYoutubeチャンネルでは、子育てを頑張るお父さんお母さんや子どもの教育に関わる方向けに『子どもを成長させる子育て』にフォーカスを当てて、毎週6本の動画をUPしています。興味がある方は、以下のYou Tubeチャンネルをご覧ください!

家庭教育アドバイザー/幼児教育講師
TERU
教育者として、これまで1000人以上の子どもたちと親御様と関わらせて頂きました。その経験を元に、子育て・知育・幼児教育ノウハウを子育てを頑張る皆様へお届けします!主に0歳〜12歳が専門です。
YouTubeチャンネル登録者は40,000人(2021年5月現在)。TwitterやInstagramなどのSNSでの発信にも力を入れています!
私の経験や知識を皆さんの家庭教育にお役立て頂き、より良い子育ての手助けができたら嬉しいです!
\ Follow me /