子育てのお悩み解決

【お金の教育】お年玉などまとまったお金のおすすめの使い方

家庭教育アドバイザーのTERUです。いつもご覧頂きありがとうございます。今回は『子どもを成長させるお年玉などのまとまったお金の使い方』について私の考えをお話しさせ頂きたいと思っております!

今回の内容はすべて私のYouTubeチャンネルでも紹介しています。 「文章を読むのが苦手」「動画のほうが頭に入る」という方は、ぜひこちらの動画からご覧ください!「お年玉などまとまったお金のおすすめの使い方

以前「これだけでOK。子どものお金の教育の基本」で私が考えるお金の教育の基本についてお話しさせて頂きました。それに対してまとまったお金の使い道に関する多くのご質問を頂いておりましたので、今回お答えしてみようと思います。

まとまったお金を子どもの成長につなげるには

恐らくですが、多くの方がお年玉を貯金に回し、そしてその内いくらかは子どもの好きに使わせるという対応をしているかと思います。正直お年玉などの使い方に正解はないですし、間違いもないとは思います。

ですがもしそのようなまとまったお金を子どもの成長につなげたいのであれば、私は『自分の意思で目的を持ってお金の使い道を決める』ということが大事だと思っています。「お年玉のようなまとまったお金の使い方を子どもに任せてもどうせ意味の無いものに使ってしまって終わり」だと考えがちですが、『だからこそ使わせる』というのが私の考えです。

子どもがお金を上手に使えないのは、自分の意思でお金を使った経験が少ないからです。これはお金に関してだけではない子どもの成長の原理原則のようなものですが、子どもの成長には自分で決めて自分で実行して、その結果をちゃんと味合うことが必要です。そしてその結果「あのお金の使い方はまずかったな」「こっちに使った方が良かったな」などと思考するから次さらに上手にお金を使えるようになるのです。

じゃあ「ただ子どもにお年玉を渡して自由に使わせればいいのか?」というとそうではありません。親は子どもにお金を使う選択肢を提示して、どのくらいの金額を何に使うのかという目的をお金につけていくサポートをしてあげることが重要です。具体的にはこんな感じです。

ステップ①選択肢を提示する

選択肢は基本ご家庭の価値観の中で、お年玉を使うにふさわしい選択肢を考えればOKです。その選択肢を提示しながら、選ぶとどのようなメリットがあるのかを教えていってあげましょう!ちなみに私だったら次の6つかなと思います。

1)本やスポーツ用具、イベントなど自分の学習や成長に必要なもの

これは自分が読みたい本図鑑勉強に必要な文房具や学習ツールだったり、打ち込んでいるスポーツに必要な道具だったり、今の時期はちょっと厳しいかもしれませんが、例えばキッザニアとかの成長のための体験イベントなどもいいかもしれませんね。これらを選ぶメリットは自分が成長できるということですよね。それをちゃんとお子様に伝えてあげましょう!子どもがこれを選択したら、さらに親が一緒に調べ、成長のためのお金の使い道はどんなものがあるのかを考えていってあげて下さい!

2)人を喜ばせるために使うもの

例えば、弟が欲しがっていた本を買ってあげるとか、家族が何かに困っていたらそれを助けるために必要なものを買ってあげるなど、そのように自分のお金を人を喜ばせるために使うという選択肢があることも教えてあげます。メリットは人の喜ぶ姿を見ることができる。人に幸せを届けることができる。助けることができるということですね。

3)投資

親御様が投資などの知識を持っているのであれば、親の名義でも構いませんので投資にお金を使うのもかなりおすすめです。子どもができる投資として活用されてきたジュニアNISAが廃止になってはいますが、お年玉などを使って投資に挑戦することで、これから絶対に必要な知識となってくる、『お金に働かせる』ということを学ぶことができます。

子どもに伝える際のメリットとしては、大人のお金の使い方を学ぶことができるということと、応援したい会社や商品を応援することができる社会のことを知ることができる、後はお金を増やす勉強ができるということかなと思います!

4)寄付

寄付もぜひ選択肢の1つとして子どもに教えてあげて欲しいと思います。世の中には貧困で苦しむ人や、生まれた場所が悪かっただけで学校にも行くことができない人がいることなどを伝えて、寄付という形でその人たちの助けることもできるということを教えてあげましょう。そしてもしお子様が寄付を選んだら、コンビニの寄付箱とかではなく、ネットで一緒に寄付先を調べて子どもがどんな寄付をしたいのかをちゃんと一緒に考えていってあげましょう。

5)自分が楽しめるもの

これは言うまでもなく、欲しかったおもちゃを買うとか、お菓子とかです。これらのメリットは自分が満足できるとか、楽しむことができる。ということですよね!おそらく多くの方は「このようなことにはお年玉は使ってほしくないな」と考えていることと思います。ですが、他のメリットと比較してこれらにお金を使う方が良いと子どもが判断したらそれでいいと思います。

もちろん全額をこれらに使うのはさすがに違うと思いますのである程度のルールは設けてもいいと思いますが、一切使ってはいけないということでは自分で考えてお金を使う力を育てることはできないと私は思っています。

6)貯金

貯金という方法もあることはちゃんと伝えていきましょう。貯金を選択する意味は、今まだ何に使うかを決め切れない、もしくは選択肢を通じて考えて行く内に、今回のお年玉では買えない額ものを選びたいので貯めたいということかなと思います。それも立派な選択の1つですから、貯金という選択肢もしっかりと教えていきましょう!

ステップ②選択肢を元にお金に目的をつけていく

選択肢とメリットを子どもに伝えたら「選択肢を元にお金に目的をつけていく」段階になります。今回もらったお年玉をこの6つのどれにどのくらい配分していくかを子どもの意思を尊重しながら一緒に考えて行きましょう。最終的にどんな選択肢を選ぶかはわかりませんが、お年玉を通じてお金を使う選択肢を知りそれを自分の頭で考えることができているこの段階で、十分子どもにとって価値のある経験になっていると思います。

仮に半分は貯金。半分は自分が楽しめるものにお金を使うという選択をしたとしたら、親としては「これじゃ私たちがお年玉の使い方を決めた時と変わらないじゃん」と思うかもしれません。ですが私は「全く違う」と思っています。最終的な選択肢は同じでも、子どもが自らの意思でお金に目的をつけたわけです。これはものすごく主体的で能動的な経験です。これでお金の教育としては十分です!

人がお金を何に使うかは、その時の状況やこれまでの経験、価値観で変わっていきます。もしかしたら寄付とかをする人は素晴らしい人で、自分のためにお金を使う人はダメ。という価値観もあるかもしれませんが、私はそんなことないと思います。人それぞれの価値観でいいんです。

そして子どもがお金を使う価値観というのはこれから成長していき色んな経験を重ねていくとどんどん変わっていきます。ですから今世の中で素晴らしいといわれるお金の使い方ができなくてもいいんです。その代わりに今得なくてはいけないのは、お金を使う選択肢はどんなものがあるのかな?ということの知識と、お金を自分で考えて価値あるものに使うという経験です。この方法であれば、そのどちらも得ることができますので、私の中ではオススメの方法です!

もしあまりにお年玉の額が大きくてそれらを全部お子様に考えさせるのはまだ難しいと考えるご家庭は、子どもに託す金額は絞ってもいいとは思いますが、なるべく全額を子どもと一緒に目的づけしていくのが理想ですね!

本日の内容は以上です。今回の内容が皆さんの子育てのヒントになれば嬉しいです!最後にまとめを表示させてもらいます。皆さんが具体的に実践していただくためにご活用頂けると嬉しいです。最後までご覧頂きありがとうございました!

まとめ

子どもを成長させる
まとまったお金の使わせ方

 

子どもの成長につなげたいのであれば
→『自分の意思で目的を持ってお金の使い道を決める』

ステップ①選択肢をメリットと合わせて提示する

  1. 本やイベントなど自分の学習や成長に必要なもの
    メリット:自分が成長できる
  2. 人を喜ばせるために使うもの
    メリット:人の喜ぶ姿を見ることができる。人に幸せを届けることができる。人を助けることができる
  3. 投資
    メリット:大人のお金の使い方を学ぶことができる、応援したい会社や商品を応援することができる、社会のことを知ることができる、お金を増やせる可能性がある
  4. 寄付
    メリット:世の中の困っている人を助けることができる
  5. 自分が楽しめるもの
    メリット:自分が満足できるとか、楽しむことができる
  6. 貯金
    メリット:さらに使う目的を深く考える時間が得られる、次のお年玉やお小遣いなどと合わせて今は買えないものを買うことができる

ステップ②選択肢を元にお金に目的をつけていく

選択肢の内、どれにどのくらいのお金を配分していくかを子どもの意思を尊重しながら一緒に考えていく

いきなり素晴らしいお金の使い方ができなくていい。子ども時代に必要なのは

  • お金を使う選択肢はどんなものがあるのかな?という知識
  • お金を自分で考えて価値あるものに使うという経験
家庭でできる子どもを伸ばす子育て情報

私のYoutubeチャンネルでは、子育てを頑張るお父さんお母さんや子どもの教育に関わる方向けに『子どもを成長させる子育て』にフォーカスを当てて、毎週6本の動画をUPしています。興味がある方は、以下のYou Tubeチャンネルをご覧ください!

家庭教育アドバイザー/幼児教育講師
TERU
教育者として、これまで1000人以上の子どもたちと親御様と関わらせて頂きました。その経験を元に、子育て・知育・幼児教育ノウハウを子育てを頑張る皆様へお届けします!主に0歳〜12歳が専門です。
YouTubeチャンネル登録者は40,000人(2021年5月現在)。TwitterやInstagramなどのSNSでの発信にも力を入れています!
私の経験や知識を皆さんの家庭教育にお役立て頂き、より良い子育ての手助けができたら嬉しいです!
\ Follow me /