子どもを成長させる子育て

子育てにもイメージトレーニングが大切だって知っていましたか?

家庭教育アドバイザーのTERUです。皆さんは、子育てのイメージトレーニングをしたことはありますか?この質問にYesと答える人は多くないと予想しています。「子育てのイメージトレーニングって何?」という方がほとんどかもしれません。私は子育てこそ、イメージトレーニングが大事だと思っています。

今回は、皆さんが子育てを日々頑張っている中で、ぜひ取り入れて頂きたい大切なイメージトレーニングについてお話しします。

今回の内容はすべて私のYouTubeチャンネルでも紹介しています。 「文章を読むのが苦手」「動画のほうが頭に入る」という方は、ぜひこちらの動画からご覧ください!「子育てにもイメージトレーニングが大切だって知っていましたか?」

はじめに

スポーツや音楽など何か物事に打ち込むときイメージトレーニングをしたことはありますか?
この質問にYesと答える方は多いと思います。スポーツの試合の前、ピアノの発表会前に自分が上手く弾けているイメージをするというのは一般的で、その効果にも多くの方に賛成して頂けると思います。

しかし、子育てにおいてイメージトレーニングの経験の有無を問われると,ピンとこない方が多いのではないでしょうか。その理由はスポーツやピアノは練習をすることで上達していくものであるのに対して、子育てはこなしていくものというように仕事に近いイメージがあるからです。

私は、子育てにこそイメージトレーニングが重要で、実践していくと子どもの成長に間違いなく繋がっていくと考えています。

なぜ子育てにイメージトレーニングが重要なのでしょうか

その理由は2つあります。

  1. 子育てもスポーツなどと変わらず上達していくものだから
  2. 子育てのイメージトレーニングの効果は自分の中を飛び出して子どもにまで伝わるから

子育てもスポーツと同じく練習が必要です。例えばお子様を叱りすぎてしまうという自分がいれば、叱りすぎないようにする練習、子どものモチベーションを上げられていないと感じたら、子どものモチベーションを上げる練習、子どもの話を上手に聞けていないと感じたら子どもの話を聞く練習が必要です。

イメージトレーニングはこれから挑戦していくことが上手くいっているイメージをすることで、脳を良い意味でだまして成功体験を生み、それによって得た自信や感触によってパフォーマンスが向上させる方法です。これは科学的にも証明されています。従って、上達していくべき子育てにも当然使える技です。

では2つ目の子育てのイメージトレーニングの効果は自分の中を飛び出して子どもにまで伝わるとはどういうことでしょうか。私が、子育てにおいてイメージトレーニングが重要だと考えている最大の理由がここにあります。

子育てにおいてイメージトレーニングを行うことで、

  • プラス思考になる
  • 子育てに自信が出てくる
  • 安心できる

等のメリットが生まれます。これが子どもの成長にダイレクトに繋がります。特に母親において10歳までは母子一体と言われるくらい、お母さんの精神状態に子どもは大きく影響を受けます。精神的に不安定なお母さんであれば、子どもも不安定になりますし、精神的に安定したお母さんが、日々幸せを感じながら自信を持って子育てをしているような状況であれば、子どものそのようなプラスの感情を持ちやすくなります。

その為私は、子育てこそイメージトレーニングが大切だとお伝えしています。

では、子育てにおけるイメージトレーニングとは具体的にどのように行うのでしょうか。後半ではその方法について解説します。

イメージトレーニングの小話紹介

イメージトレーニングはアスリートや起業家など、成功者と呼ばれる人ほど実践している方が多いです。

例えば、フィギュアスケートで有名な羽生結弦選手は「運動をイメージすると、運動を行ったときと同じ脳の領域の神経が活性化され、実際の運動時のパフォーマンスが向上する」と言っています。

百獣の王こと、陸上10種競技のチャンピオンである武井壮さんも、
「実際の動きを事前に細かくイメージし、それを再現することを意識する。例えば高跳びであれば、技術的なことをあれこれ考えるより、きれいなフォームで跳ぶ選手を参考に明確なイメージをもち、それを再現している」
と言っています。

他にもイチローや、スキージャンプの葛西さんもイメトレを大事にしていますし、アップルの設立者であるスティーブ・ジョブズも
「世界を変えられるって本気で思い込めるのなら、本当に世界を変えられるんだよ」
とイメージの大切さを明言しています。

そして私が個人的に尊敬している京セラやKDDIの創業者である稲盛和夫さんは「あらゆる事象は心の反映である。したがって純粋な心でひたすら念じ続ければ、たいがいのことは成就する。」と言っていて、まず心が良い方向に向いていけば、現実もその方向に向かっていくと明言しています。それだけイメージトレーニングはすごいものだということですね。

イメージトレーニングの手順

子育てにおけるイメージトレーニングの方法ですが、一般的なイメージトレーニングと変わりません。大事なことは、どんなイメージトレーニングをするか、その内容です。先に簡単にイメージトレーニングの方法を確認します。(今回は一般的な、イメージトレーニングの方法をご紹介します。ご自身の方法があればそちらで行ってください)

  1. イメージトレーニングをする場所を選ぶ
    • なるべく静かで明るくない場所
    • 周りの人からも話しかけられない状況で行うのがベスト
  2. 姿勢を整える
    • 椅子に座る、あぐらなどで行う場合、背筋を伸ばして座る
    • ベッドなどで、横たわる姿勢でもok.(寝ないように注意)
    • 一番リラックスできる姿勢を選びましょう
  3. 目を閉じてゆっくり呼吸をしながら理想的なイメージをはっきりと描いていく
    • 時に肩に力が入らないように注意
    • 5分間程でイメージできたところまでで終えると良い

別の記事でもお伝えしましたが、こういった自分だけのリラックスした時間を5分でも取ることで、スマホ依存などから脳を守ることもできるので、そうした意味でもイメージトレーニングはお勧めです。

子育てにおいてすべき4つのイメージトレーニングとは?

ここからが重要です。子育てにおいてどんなイメージをすべきでしょうか。私は大きく4つあると考えています。1つずつご紹介します。

①短所を長所に変えるイメージ

まずは今、短所に見えている部分を長所に変換するイメージをしていきます。

例えば、落ち着かない様子の子であれば、その強すぎる興味は長所で、年齢が上がるにつれて、良い興味に変わって、どんなことでも意欲溢れる姿勢で取り組めるようになると想像してみて下さい。

他にも、内気で中々自己主張ができない子であれば、この子はよく考える子で頭の中で一生懸命考えている。これからとても論理的で賢い子になる。と想像してみましょう。

このように、一見短所だと感じている部分を長所に変換するにはどうすれば良いか考えてイメージすることをおすすめします。これをすることにより、現実でも子どもの短所を長所として捉えることが増え、子どもに多くのプラスの言葉をかけることができるようになっていきます。

②親としての良いイメージ

次は、親としての自分の良いイメージをしていきましょう。
例えば、

  • 叱ることが多い
    →叱らずにまず優しく子どもに話しかけることができている自分をイメージする
  • 子どもをもっと褒めてあげたい
    →子どもをよく観察してたくさん褒めている自分をイメージする

このようなイメージを繰り返していくと、実際に皆さんがその状況になった時、スムーズに行動できるようになります。

また、皆さんに尊敬する人がいる場合はその人ならどうするかを想像しても良いかもしれません。例えば大学の時の研究室の先生を恩師として慕っているのであれば、子どもが何かしてしまったらその恩師ならどうするかをイメージして、それと同じ行動を自分がしているイメージをしてみましょう。理想の姿をイメージできるとより行動しやすくなります。

③「私はしっかりと子どもを育てることができている」というイメージ

これは

「私はしっかりと子どもを育てることができている」
「私はしっかりと子どもを育てることができている」

というように、自分に語りかけるように行って下さい。子育てをしている時、親は多くの不安を抱えています。自分の子育てに何か不足はないか、何か間違っていることはないか。このように考えてしまうのは仕方がないことです。

しかし、その心の不安は子どもに伝わります。そんな時にこの言葉を繰り返すことで、潜在的に自信をつけることができます。

④「この子には大きな力がある。まだ発揮できていないその才能がこれからどんどん開花していく。この子は才能溢れるすごい子。」というイメージ

少し長い文章ではありますが、これも先ほどと同様に何度も何度も自分に語りかけるように繰り返し言葉にしましょう。このイメージを繰り返していくと、この子はできる力のある子であって、これからどんどんその才能を発揮できると明確にイメージできるようになっていきます。

そして実際に皆様のお子様はその通りです。今はまだ発揮できていないだけです。これは事実です。このイメージができると子育てにおいてピグマリオン効果を発揮できるようになります。

ピグマリオン効果とは、心理学用語で「親や先生が子どもに期待をするようになると、それが無意識に子どもに伝わり、結果として期待通りの成績や結果になる」というものです。このイメージを繰り返し行うことで、「この子はできる子だ」と親が信じることができるようになり、結果として子どもは大きく成長していきます。

子育てイメトレの効果

この4つのイメージトレーニングを繰り返していくと、子どもの長所を自然と見る子育てができるようになります。その結果、子育てで上手くいかない部分の改善し、自分の子育てに自信が出てくる。親は心が安定し、子どもの心にも良い影響を与え、子どもをできる子だと強く思えるようになることで、ピグマリオン効果が発揮され、子どもの成長が加速していきます。

おわりに

私は今回のノウハウは、子育てを頑張る皆さんに実践して頂きたい素晴らしいものだと思っています。イメージトレーニングは最初から上手くはできません。何回も繰り返し行う必要があります。しかし、1日5分。たった1日5分を繰り返していくことで、確実に子育てが良い方向に向かっていきますのでぜひ実践してみて下さい。最後に今回のまとめを表示します。ぜひお役立て下さい。

最高の子育てをするための
イメージトレーニングやり方まとめ

 

  • イメトレの手順
    落ち着ける暗い場所→姿勢を整える→目を閉じてゆっくり呼吸→イメージする
  • 子育てにおいてすべき4つのイメトレ
    1. 短所を長所に変えるイメージ
    2. としての良いイメージ
    3. 私はしっかりと子どもを育てることができている
    4. この子には大きな力がある。まだ発揮できていないその才能をこれからどんどん開花していく。この子は才能溢れるすごい子。
  • 子育てイメトレの効果
    1. 長所を自然と見る子育てができる
    2. 上手くいっていない部分の改善ができる
    3. 子どもの心の安定につながる
    4. 子どもをできる子だと強く思える
    5. 子育てに自信が出る
    6. ピグマリオン効果

 

家庭でできる子どもを伸ばす子育て情報

私のYoutubeチャンネルでは、子育てを頑張るお父さんお母さんや子どもの教育に関わる方向けに『子どもを成長させる子育て』にフォーカスを当てて、毎週6本の動画をUPしています。興味がある方は、以下のYou Tubeチャンネルをご覧ください!

家庭教育アドバイザー/幼児教育講師
TERU
教育者として、これまで1000人以上の子どもたちと親御様と関わらせて頂きました。その経験を元に、子育て・知育・幼児教育ノウハウを子育てを頑張る皆様へお届けします!主に0歳〜12歳が専門です。
YouTubeチャンネル登録者は40,000人(2021年5月現在)。TwitterやInstagramなどのSNSでの発信にも力を入れています!
私の経験や知識を皆さんの家庭教育にお役立て頂き、より良い子育ての手助けができたら嬉しいです!
\ Follow me /