家庭でできる知育育脳・勉強

子どもが宿題をやるための本質的な方法は結局これだよね

家庭教育アドバイザーのTERUです。いつもご覧頂きありがとうございます。今回は『子どもが宿題をやるための本質的な方法は結局これだよね』ということで、小学生であれば、学校の宿題、幼児の子でも習い事の宿題や課題を中々自分で取り組めずに苦労しているご家庭へ向けて、子どもが宿題をやるようになるシンプルな1つの方法についてご紹介していきます。前半ではその方法について解説して、後半ではこの方法に取り組む3つの心構えについて解説していきます!

今回の内容はすべて私のYouTubeチャンネルでも紹介しています。 「文章を読むのが苦手」「動画のほうが頭に入る」という方は、ぜひこちらの動画からご覧ください!「子どもが宿題をやるための本質的な方法は結局これだよね

子どもが宿題をやるようになるシンプルな1つの方法

子どもが宿題をやるようになる方法なんていうのは、世の中に嫌なくらい溢れていますよね。そのどれも合う子合わない子、合うご家庭合わないご家庭ありますが、もちろん一定の効果があるものだと思います。私がよく発信しているものとしては、例えば

  • チェックリストなどを作って頑張りを見える化する
  • 家族みんなで勉強の時間を作って、当たり前に机に向かう習慣をつける
  • 勉強している時に口出しをせずにモチベーションが下がる可能性を減らす
  • 宿題をやる順番を子どもに決めさせて主体性を持たせる
  • 宿題をやる時間を子どもに任せて親がやりなさいと言ってやる気を下げてしまう可能性を減らす
  • 勉強時間を長くしすぎず、毎日短い時間で切り上げてもう終わり?という感覚で次へのモチベーションをかける

他にもあると思いますが、こんなところかなと思います。これらはもちろん効果があると思って発信しているのですが、とはいえすでに「宿題をやりたくない!」と勉強拒否・宿題拒否反応のようになっている子には中々難しいのも現実ですよね。

ですので、今回の方法は当たり前すぎるんですけど、宿題拒否反応から抜け出して、また勉強へのモチベーションを取り戻すには結局コレだよね。という方法のご紹介です。

私の経験上、お子様が宿題をしないご家庭の親御様はダメだとわかっているんだけど、どうしても口出しを多くしてしまって宿題ができなかった時には特に口うるさくしてしまう。そんな傾向があります。そのような傾向のある親御様が、相談にきた時によくおっしゃるセリフが「この子は何にもやらないんです」とか「うちの子は何度言っても全然ダメなんです」とかです。こういった傾向のある親御様は残念ながら、お子様の短所を見つけては、すぐにダメだと判断してしまいがちです。

そして、お子様のことをダメだダメだと無意識に言ってしまう親御様に、「何がダメなのか?」を聞いてみると、高確率で「宿題ができない」ということが挙がってきます。何を言っても全く宿題をやらず、途方にくれている方ばかりです。そんな親御様に家での子どもへの声かけの仕方を聞くと、ほとんどの方が宿題をやらなかった時に、何とか子どものモチベーションを上げようと色んな言葉がけをしているようでした。

ですが、子どもに話を聞いてみると

お母さんはいつも宿題をやらないとひどい言葉を言うんだ。だから宿題は大っ嫌いなんだ

と教えてくれます。「どんな言葉?」と聞くと、

どうせやらないんでしょ?
宿題やらないと勉強についていけなくなるわよ
ダラダラしてないで早くやりなさい!

とか、お世辞でもモチベーションが上がる言葉とは思えないものばかりです。

実際に親御様がどんな言葉は使っているのかはさておき、子どもからはマイナスな言葉に聞こえているのは間違いないようです。私の立場で、お母様に「実際どんな言葉を使っていますか?」なんて失礼すぎて言えませんし、家でマイナスな言葉を使っていたとしても、「お母さんその言葉はきついですよ」と気づかせてあげる人もいないと思います。

何より、お母さんはお子様を奮起させようとして良かれと思って言っている場合も多いので「子どもが宿題をやらなかった時に、良い言葉で励ましてあげましょう」と親御様の言葉を修正していくのも実は結構困難だったりします。

私はそのような場合はシンプルな提案をさせてもらっています。それはまずは子ども自身に手帳なり、カレンダーなりで、宿題をやった日にはチェックをつけさせるようにします。そして、宿題をやれなかった日には、お母さんは黙っていること。そして宿題をちゃんとやった日には「宿題頑張ったね」と認めること。それ以上は何も口出ししないで下さいとお願いします。

つまり、宿題ができたら認める声かけをする。できなかったら何も言わないということを継続してもらうのです。そうすると、一定期間経つと、多くの子どもが前より宿題を自分からやるようになります。「たったこれだけで?」と思うかもしれませんが、この取り組みで『マイナスな言葉を子どもに言わなくなる』『肯定的なことだけを言葉にする』という状況が生まれます。これにより、子どものやる気を失わせる原因を無くすことができ、子どもが宿題やってみようかなという勇気になったのです。

子どもは何歳になっても、お父さんお母さんに認められたいし、褒められたいものです。宿題であろうが何だろうが、そのシンプルなルールは変わりません。できなかったことに口出しするのはやめて、できたときだけにフォーカスして、プラスの言葉をかけてあげるのが、子どもにとって一番の勇気づけになるのです。

とはいえこれを実践するのは、すごく勇気がいることですよね。「宿題やらない子に宿題やりなさいと言わないでやるようになるの?」と思いますよね。もちろん100%できるようになるわけではないです。というか子育てにおいてこの方法で100%こうなるなんて方法はありません。ですが、私は今まで色んな教育者の方と対話してきた中で、宿題嫌いの子には結局この方法が本質的で、効果が高いということで合致しています。ですから、どうしていいかわからなくなっているご家庭は良かったら実践してみて下さい。

では最後にこの方法を実践する時の3つの心構えをお伝えします。

実践する時の3つの心構え

①子どもを信じること

超精神論ですみません。ですが大事です。おそらく宿題をやらない子に声をかけなかったら最初のうちは全くやらないと思います。ですが、その内何かをきっかけでやろうと思う日がきます。その時まで信じて待つことです。一度これをやろうと決意したら、口を出した瞬間に負けです。そこまで待った皆さんの努力が吹き飛んでしまいます。ですから子どもが宿題をやって「宿題頑張ったね」と言えるその日まで。信じて我慢です!

②口を出さない期間できるだけ子どもを否定せず話を聞いてあげること

私の経験上、「宿題やりなさい!」と言われまくっていて親子関係がギクシャクしているようなご家庭の子どもの脳内イメージは「親は口を開けば宿題をやりなさいしか言わない」みたいなすごく残念な感じになっています。それを払拭してあげることはすごく大事なことです。

そのためには、まず親が子どもに指示命令をするような言葉をかけるよりも、子どもの話を聞いてあげる。そんな時間を増やすことです。そのような状態の子どもは「親は話を聞いてくれない」と思っていることが多いので、話を聞いてくれるだけで「あれ?」とちょっと違和感があります。そしてさらに話を日々ちゃんと聞いてあげて、その違和感を越えて「パパママは僕の話を聞いてくれる!」と思えるようになったら、そこから親子の信頼関係が変わってきます。

そしてそんな期間を経て、子どもが宿題をやった日に「宿題頑張ったね」と伝えると、伝わり方が全然違うんです。私たち大人もそうですが、日頃からちゃんと話を聞いてくれて自分のことを理解してくれている人から「頑張ったね」と言われるのと、

「日頃話を聞いてもくれない人から、チェックリストだけ見て「頑張ったね」と言われるの。どちらが嬉しいでしょうか?どう考えても前者ですよね。それは親子でも一緒です。

つまり、今回の『宿題に口を出さない』という取り組みの本質は、「宿題をやりなさい」と口出しをしない代わりに、親子の良いコミュニケーションを増やし、信頼関係を作りましょうということです。これを間違えてただ「宿題をやりなさい」を禁句にしているだけでは、中々結果は見えてこないと思いますし、親もイライラするだけです。ですのでこの本質はぜひ皆さん大切にして取り組んで頂けると嬉しいです!

③一度やったからといって継続すると思わないこと

これも親としては葛藤ですよね。子どもが一度自発的にやったからといって、それが継続することは期待しない方が賢明です。一度やったらまたやらなくなって、やったらまたやらなくなって。宿題に口出しをしないということは、その繰り返しです。

その繰り返しを当然と考えて、落ち着いてどんと構えている。そんな姿勢がとても大切になります。宿題は当然やらなくてはいけないものですが、大人だってやる気が出ない日もありますし、何か1つのことを継続するのって難しいですよね。ですから宿題をやる習慣がない子にとって、毎日宿題をやるということは、並大抵のことではないです。そんな中で、できた時にしっかりと認めてもらえる。できない時は信じて見守ってくれる。それが継続する最大のパワーになっていきます!

本日の内容は以上です!今回は子どもが宿題をやらない問題という永遠のテーマについてお話しさせて頂きました。もちろんこの方法が全てではありませんが、もう打つ手がなくなってしまっている!という方はぜひ一度試して頂けたら嬉しいです!最後にまとめを表示させてもらいます。皆さんが具体的に実践していただくためにご活用頂けると嬉しいです。最後までご覧頂きありがとうございました!

まとめ

宿題嫌い!脱出する方法
  • 手帳やカレンダーに、宿題をやった日にはチェックをつけさせる
  • 宿題をやれなかった日には、お母さんは黙っていること
  • 宿題をちゃんとやった日には「宿題頑張ったね」と認めること
  • それ以上は何も口出ししない

【実践する時の3つの心構え】

  1. 子どもを信じること
  2. 口を出さない期間できるだけ子どもを否定せず話を聞いてあげること
  3. 一度やったからといって継続すると思わないこと
家庭でできる子どもを伸ばす子育て情報

私のYoutubeチャンネルでは、子育てを頑張るお父さんお母さんや子どもの教育に関わる方向けに『子どもを成長させる子育て』にフォーカスを当てて、毎週6本の動画をUPしています。興味がある方は、以下のYou Tubeチャンネルをご覧ください!

家庭教育アドバイザー/幼児教育講師
TERU
教育者として、これまで1000人以上の子どもたちと親御様と関わらせて頂きました。その経験を元に、子育て・知育・幼児教育ノウハウを子育てを頑張る皆様へお届けします!主に0歳〜12歳が専門です。
YouTubeチャンネル登録者は40,000人(2021年5月現在)。TwitterやInstagramなどのSNSでの発信にも力を入れています!
私の経験や知識を皆さんの家庭教育にお役立て頂き、より良い子育ての手助けができたら嬉しいです!
\ Follow me /